NEWS

2015.07.09

【NEWS】2015.7.9 登板前 囲み取...




記者:明日は前半戦最後の登板になります。

田中:もちろん良い形で終わりたいっていうのはありますね。前回の良かった点と反省を踏まえて、マウンドでしっかりとパフォーマンスを出したいと思います。




記者:相手はアスレチックスです。

田中:相手打線のことを考えながら自分のピッチングを臨機応変にできればいいと思います。




記者:前回の登板で手応えを感じたと話していましたが、その後のブルペンでも感じていますか?

田中:練習と試合では同じようにはなかなか難しいと思います。でも、練習でできてないものを試合でできるわけがないので、練習はもちろん、自分のピッチングの映像も見たりして、イメージは作れています。あとはマウンドでしっかりと投げるだけです。




2015.07.04

【NEWS】2015.7.4 登板後 囲み取...



記者:
今日の試合を振り返っていただけますか?

田中:相手がアーチャーだったので、初回の2点が重かったと思います。良いピッチャー相手にいきなり初回に点を取られてしまうと楽にさせてしまいますし。いずれにしても、初回の2点はすごく反省しないといけないと思います。2回以降はうまく修正できて、過去2試合に比べると自分の中では手応えはあったので、次の登板につなげたいです。




記者:初回からストレート中心でした。今シーズン初めてのように感じます。

田中:いやそんなことはないですよ。ミーティングでいろいろ話したりもしましたけど、自分の中でどういうピッチングをすれば良い形が出せるのかを考えたときに、やっぱりストレートをしっかりと投げられないと変化球も生きてこないので。そういう部分で今日はストレートをコーナーにある程度は投げられていたのかなと思います。この前の試合に比べればですけど。




記者:次につながる感じですか?

田中:そうですね。自分の中では手応えを感じていますし、過去2戦の内容とは自分の中では大きく違うと思っています。次の登板で皆さんに満足していただけるような投球ができるのが一番だと思いますけど。




記者:そういう田中投手を楽しみにしています。

田中:また頑張っていきます。