NEWS

2015.07.18

【NEWS】2015.7.18 登板後 囲み...



記者:今日の登板を振り返っていただけますか? 調子はいかがだったでしょうか?

田中:調子自体は特別良かったわけではないです。でも、シーガーに打たれた2本のホームラン以外は良い投球ができたと思います。やっぱり点の取られ方が悪過ぎましたし、2本のホームランのところは本当にレベルの低い投球をしてしまったなと思っています。


記者:シーガーに打たれたのはカウントを整えるというか、そういったカウントボールを打たれたのでしょうか?

田中:カウント的にはそういったカウントでしたが、特に2本目のボールは厳しくいくべきところで真ん中にスッと入ってしまった感じです。自分の中でもほかの球種の選択もあったと思うので、そういうところをしっかりと考えて投げられたらと思います。


記者:A・ロッドのホームランが出ました。あの時の気持ちは?

田中:自分がマウンドを降りるのは決まっていましたし、勝つと勝たないのでは大きな違いなので嬉しかったです。今日は本当に勝たせてもらったという感じです。次は良い投球ができるように準備したいと思います。


記者:後半戦の初戦を7回3失点。自分の責任というのは果たしていると思いますが。

田中:形にはなりましたけど、点の取られ方が悪かったので......。2本のホームランをのぞけば、いいところもあったと思います。





2015.07.10

【NEWS】2015.7.10 登板後 囲み...




記者:1ヶ月振りの白星となりました。

田中:チームも勝つことができましたし、自分自身の状態も上がってきているという実感が持てる登板だったなと思います。




記者:内容はいかがでしたか?

田中:試合の中でバランス良く、すべての球種に対して狙ったところに投げられるようになってきたので、うまくバッターと勝負することができました。それが良い投球につながったんだと思います。




記者:2回の場面では速球よりも変化球が多くなったと感じました。

田中:でも打たれてる球は真っ直ぐです。一番反省すべきところは2点目を取られたところですね。守備に助けてもらってせっかくゲッツーで2アウト三塁という形を作れたのに、そこで切っておけば良かったんですけど。タイムリーを打たれて2点目を取られてしまったところは、自分の中ですごく悔しい部分がありますね。




記者:今季最長イニングで最多の投球数でした。

田中:なかなか100球超えることなかったんですが、今日それを超えて投げられたということなので、自分の中ではまたひとつのステップを踏めたかなと思っています。