SPECIAL

2018/08/13

Monthly Review(2018年7月)

前月9日より故障者リスト入りしていたが、ケガも順調に回復し、7月10日のオリオールズ戦で1か月ぶりの登板を果たした。以降7月は4試合に登板し、24日のレイズ戦では昨年4月27日のレッドソックス戦以来となる完封勝利を挙げた。4試合で成績は2勝0敗、25回3分の2イニングを投げて防御率は1.75だった。全4試合を振り返る。


7月10日(オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ)

ニューヨーク・ヤンキース 5-6 ボルチモア・オリオールズ
投球回:4回1/3 投球数:80 被安打:6 失点:3(自責点:3)
奪三振:5 被本塁打:1 四球:1 死球:0

約1か月ぶりの実戦登板は、3回まで毎回ランナーを許す。2回には一度ホームランと宣告された一打がヤンキース側のチャレンジによって覆り、2塁打になるという場面も。しかし後続を断ち切り無失点で乗り切った。4回裏、2アウトからヒットとフォアボールで塁を埋められたところで2塁打を打たれたが、その後の満塁のピンチは乗り切り、追加点は許さない。しかし5回表にヤンキースが3点を奪い1点リードで迎えたその裏、先頭打者に本塁打を許した後、続く打者を打ち取ったところで降板。試合は5-5で迎えた9回裏、オリオールズにサヨナラ負けを喫した。



7月16日(プログレッシブ・フィールド)

7月16日(プログレッシブ・フィールド)

ニューヨーク・ヤンキース 2-5 クリーブランド・インディアンス
投球回:6回1/3 投球数:77 被安打:6 失点:2(自責点:2)
奪三振:5 被本塁打:1 四球:1 死球:0

オールスター直前の前半戦ラストゲームでの登板。相手はア・リーグ中地区で首位を独走するインディアンス。1回、2回は三者凡退に打ち取る。ヤンキースが2点リードした4回裏、先頭打者をフォアボールで出すと、1アウトから一発を浴びて同点とされてしまう。それでも5回、6回はランナーを出しながら無失点で切り抜けた。7回、先頭打者にヒットを打たれ、続く打者のバントを素早いフィールディングで二塁で刺す好プレー。ここで救援投手に託すこととなった。8回にそのリリーフ投手が打たれたことで試合には負け、2失点のクオリティスタートも勝敗はつかなかった。これでシーズンの前半戦が終了。戦績は15試合に登板して7勝2敗、防御率4.54だった。また、この試合がメジャー通算120試合目の登板で、通算成績はこの時点で59勝30敗だった。



7月24日(トロピカーナ・フィールド)

7月24日(トロピカーナ・フィールド)

ニューヨーク・ヤンキース 4-0 タンパベイ・レイズ
勝利 投球回:9 投球数:105 被安打:3 失点:0(自責点:0)
奪三振:9 被本塁打:0 四球:1 死球:0

オールスター後の後半戦初登板は、雨のため登板が2日ずれてのレイズ戦となった。初回にチームが先制し、1点リードした中でのスタート。1回は三振も2つ奪い三者凡退。2回は8球で終わらせ、3回も2三振と、実に4回までに合計42球で7つの三振を奪うというパーフェクトな投球だった。5回、先頭打者にセンター前初ヒットを許すと次打者も四球でノーアウト1塁、2塁。初めてのピンチを迎えた。しかし、後続を三振とファーストゴロダブルプレーで乗り切る。さらに6回も安打の1塁ランナーをダブルプレーで断ち切り、ゴロを打たせるピッチングが冴えわたった。8回、今シーズン初めてのイニングも乗り切り、9回は3人とも内野ゴロで仕留めた。打者29人に対してゴロアウトは実に14。今シーズン最多タイの9三振で被安打は3本のみという内容。メジャー通算60勝目をキャリア3度目の見事な完封勝利で飾った。



7月31日(ヤンキースタジアム)

7月31日(ヤンキースタジアム)

ニューヨーク・ヤンキース 6-3 ボルチモア・オリオールズ
勝利 投球回:6 投球数:105 被安打:3 失点:0(自責点:0)
奪三振:8 被本塁打:0 四球:2 死球:1

7月最後の登板は中6日でのオリオールズ戦となった。1回表、四死球でいきなりのピンチ。しかし後続を断ち無失点で乗り切った。2回以降はボールを低めに集め、3回は先頭打者に2塁打を許すも後続は三者連続三振。5回には2本目のヒットを打たれたが、ここもショートゴロゲッツーで仕留めた。味方打線も呼応するように5回までに6点を奪っており、援護も十分だった。6回、四球とヒットで1アウト1塁2塁のピンチを招いたものの、後続をスライダーとスプリットで二者連続三振に切って落とした。この時点で球数が105球に達し、無失点のまま降板となった。リリーフ投手が3点を失ったが、勝利は揺るがずシーズン9勝目。無失点記録も17回1/3まで伸ばした。



【7月の通算成績】

2勝0敗 防御率:1.75
登板:4 先発:4 投球回:25回2/3 被安打:18 失点:5(自責点:5)
奪三振:27 被本塁打:2 四球:6 死球:1
被打率.198 投球数:367(ストライク247)



※試合日時はすべて現地時間

2018/08/13