NEWS

2016.07.27

【NEWS】2016.7.27 vs アスト...



記者:明日は開幕戦でも対戦したヒューストン・アストロズと敵地での試合です。
田中:ヒューストン相手にはなかなか良い投球ができていないので、明日こそという気持ちはもちろんあります。昨日の試合でも球場の盛り上がりを感じましたので、その声援にも負けないように良い投球をして、球場の雰囲気を変えられたらいいなと思います。


記者:このスタジアムはレフトが狭く、相手打線も右打者が多いです。アプローチの仕方は変えますか?
田中:そこは変わらないですね。レフトが狭くてもインコースを攻めなければならないですし、球場によってその姿勢を変えることはないです。


記者:昨日、チャップマン選手が移籍しましたが、その点で田中選手のイニングに対する意識は変わりますか?
田中:特に変わらないですね。後ろに3人(ベタンセス選手、ミラー選手、チャップマン選手)がいた時でも長いイニングを投げたいと思っていましたし、そこの気持ちは変わらないです。


2016.07.23

【NEWS】2016.7.23 vsジャイア...



記者:内容は無失点で勝ち投手の権利を得て降板しました。田中投手には勝ちは付きませんでしたがチームは勝利しました。本日の登板を振り返っていただけますか?

田中:序盤はランナーを出してしまいましたが、守備にも助けられて結果として無失点で切り抜けられたことが良かったと思います。



記者:途中チャレンジがあり、2分以上の待ち時間がありましたが、その辺の影響はいかがでしたか?

田中:そういったことは多々あるので、1アウトか2アウトの違いでしかないと思っていました。


記者:左打者がズラリと並んだ打線でしたが、注意したことは何でしょうか?

田中:左が多かったからといって、その点では特には無いですね。その打者の特徴を考えて気をつけて投げるだけでした。



記者:ジャイアンツ、しかもエース対決で勝利しました。大きいのではないですか?

田中:後半戦に入ってタフな相手との対戦が続く中で、初戦を勝つ事ができたので大きいと思いますね。