NEWS

2016.06.18

【NEWS】2016.6.18 vsツインズ戦 登板後 囲み取材



記者:初回からいきなり大量得点をもらいましたが、試合への入り方は難しかったのではないですか?

田中:正直難しさはありました。もちろんあれだけ点をとってもらって気持ち的には楽でしたが、それによってこちらが点をじわじわと取られてしまってどうなるかわからない試合には絶対にしたくはなかったので。目の前の打者をひとりひとりしっかりと抑えることは、どういう試合であれ変わらないことだと自分自身に言い聞かせて投げました。


記者:雨や風の影響はありましたか?

田中:あれぐらいの雨は気にならなかったですね。風も吹いていましたが気にならなかったです。



記者:球数を、特に後半は抑えられたのは大きかったですか?

田中:序盤はヒットを打たれて結果的に球数は増えてしまいましたが、相手が積極的に打ちに来ていることは感じていたので、これがしっかりとゴロを打たしてアウトを取れれば球数はどんどん減っていくだろうなと予想はついていました。



記者:8回は93マイルが続いて、94マイルで三振を取りました。

田中:あそこは気持ち入りましたね。最後しっかりと抑えたかったので。グダグダな状態でマウンド降りるのは自分自身すごく腹立ちますし、気持ち的にも違いますからね。