NEWS

2016.04.24

【NEWS】2016.4.24 vs レイズ戦 登板後 囲み取材



記者:チームはサヨナラ勝ちでした。今日の登板はいかがでしたか?
田中:全体的には7回を2失点で防いだことは良かったと思いますけど、やはり点の取られ方ですね。追い込んでピッチャー有利なカウントでレフトオーバーで点を取られてしまったり、ホームランも完全に自分の投げそこないなので、もったいなかったなと思います。
 
記者:そのホームランですが、投げミスですか?
田中:際どいところに行けば良かったんですけど、高かったので打球が上がってしまったと思います。
 
記者:立ち上がりは良かっただけに悔やまれますね。
田中:これまでの経験上、こういうことはなかったわけではないので。序盤は良いリズムで行っていたと思いますけど、状態が完璧という感じではなかったですね。相手が打ち損じている球もあったので、そこは勘違いしないようにと思って投げていました。
 
記者:スライダーが良かった印象でした。結果的には速球系が打たれたかなと思いますが。
田中:そこは課題ですね。ホームランはカットの投げそこないです。レフトオーバーのタイムリーもフォーシームが高くなりました。ボール球を投げるにしても、シンカーで動かしておけばまだ傷は浅かったかなという感じはしています。
 
記者:でも役割は果たしたように感じます。
田中:チームが勝ったので、それは良かったと思います。
 
記者:それを踏まえて次ですね。
田中:そうですね。ちょっともったいなかったところもあったので、この登板間で良い調整をしたいと思います。