NEWS

2016.04.18

【NEWS】2016.4.18 vs マリナーズ戦 登板後 囲み取材

記者:今シーズン初勝利おめでとうございます。試合の感想はいかがでしょうか?
田中:自分自身にとっては今シーズン3試合目でした。ようやく勝てたなと思います。

記者:初回はアンラッキーな当たりが続きました。
田中:完全に嫌な流れでしたけど、最少失点で乗り切れたことが良かったと思います。
アンラッキーなことが続くと肩を落としてしまいがちですが、自分の中で良い気をどんどん出していけばそれもなくなるんじゃないかなと。そう思って1点取られた後は切り替えて投げましたね。

記者:直球がキレていましたね。
田中:登板が終わってからマッキャンにもそういう話をしてもらいました。真っ直ぐもそうですが、しっかりと腕を振ることによって、変化球に手を出してくることも増えてるのかなと感じますね。

記者:そして今日は岩隈選手との投げ合いでした。
田中:マウンドに上がってしまえば相手打線との対戦なので。
それに僕は攻撃中はベンチではなくて裏で待機して、チェンジになったら出て行くスタイルなので、モニター越しにしか見ていなかったです。なので、いつもとあまり変わらなかったですね。

記者:結果投げ勝ちましたね。
田中:それは味方打線に感謝です。岩隈さんも僕も7回まで投げることができたので、そこは対戦する前に皆さんに言った通りになって良かったと思います。

記者:青木選手には三塁打もありました。
田中:あれはシングルですよ(笑)。いや、あわやランニングホームランだったので、良かったです。

記者:連敗をストップしました。エースとして十分な働きだと思います。
田中:連敗中なのはもちろん頭にありました。今日の試合を勝つことが自分の仕事だと思って投げていたので、一番いい結果になって良かったと思います。
良い感覚もあったので、次の登板に向けてしっかりとやっていけたらと思います。