NEWS

2015.10.08

【NEWS】2015.10.8 ワイルドカード vsアストロズ戦 登板後 囲み取材

記者:本日の試合を振り返っていただけますか?
田中:悔しい結果に終わってしまったというのが一番です。
シーズン中から、周りの方々からも自分自身も課題と感じていたホームランをイニング頭の、しかも初球を打たれてしまったので。やはりシーズンで出ていた課題がここでも出てしまったという感じでした。

記者:立ち上がりは2者連続三振でスタートしました。
田中:結果は良かったですけど、ボール自体はしっかりと操れてはいなかったので、いいぞっていう感じではなかったです。

記者:先制点を失ったのは大きかったですか?
田中:あれだけのピッチャー(カイケル投手)を相手に戦うわけですから、先に点を取られたら苦しくなります。こういう試合展開にしてしまったのはすべて僕の責任だと思っています。



記者:投げミスでしたか?
田中:映像を見ていたでしょうからわかると思いますけど、両方ともキャッチャーの要求したところに投げ切れていないボールを打たれてしまいました。



記者:スタジアムは異様な盛り上がりでした。特別でしたか?
田中:特別ですよね、レギュラーシーズンではこういう風に盛り上がることはないので。
ホームなので自分の力になりましたし、ホームだからこそ味わえたことがあったと思います。
また、敵地でも歓声を黙らせたりため息に変えてやろうと思って投げていますし、こういう雰囲気で投げることがやっぱり選手として上を目指していく中で喜びというか本当に幸せだ思うので、なおさら結果を残したかったです。



記者:自身の力はどのくらい出せましたか?
田中:すべて出しました。出してこれなんで、まだまだ成長していかないといけないと思います。ホームランばかりが取り上げられてもしょうがないですけど、実際にそれが敗戦につながっているので仕方がないです。
でも、ランナー出してから粘れるところは粘れたし、そういう自分らしさも出せた部分はあったので、そういったところも含めてすべてが悲観的になることはないと思います。
でもやっぱり一発勝負でこういう投球になってしまったっていうのは、本当に残念です。



記者:3年目に向けて得たものや課題は何でしょうか?
田中:やっぱり今日みたいな試合は完璧なピッチングをしないと、先手先手を打ってピッチャーを代えていくだろうなと自分の頭にもあったので、球数をかけてしっかりと抑えたいっていう気持ちはありました。
でも、絶対的なピッチャーであればあそこでマウンドを下ろされることはないだろうし、そういうピッチャーに自分としてはならなければいけないと思います。
だから自分のこの位置には満足してませんので、より高いところを目指して投げていくだけです。