NEWS

2015.09.13

【NEWS】2015.9.13 登板前 囲み取材



記者:昨日のブルペンでは18球と少なめでしたね。
田中:ピッチングコーチから軽めにと言われたので。数少ない中でしっかりと投げました。

 
記者:ブルージェイズ戦は今シーズン3回目の登板となります。前回よりもパワーアップした印象があるのですが。
田中:昨日の試合を見ればそういう印象を受けてもしょうがないですけど、短期間でパワーアップするわけではないですしね。それぞれの調子もあるでしょうし、前回対戦したときには調子が良くなくても今はいいっていうバッターももちろんいます。前回と全く同じように抑えられるとは限らないので、すべての球種を使いながらどんどん攻めて行けたらいいかなと思います。
 

記者:首位攻防戦ですが、チームの勝ちに貢献するために求められているピッチングは何でしょう?
田中:もちろん点取られないことだと思います。今日はダブルヘッダーでピッチャーがどうなるかわかりませんが、アウトを一つでも多く取ることが一番いいと思いますし、しっかりと勝負して良い流れになればいいかなと思います。

 
記者:重要なシリーズでチームの雰囲気は変わってきましたか?
田中:僕はそう感じましたけどね。やっぱりみんな気合入っているなって感じました。昨日は初回に5点取られてなかなか難しい試合展開になってしまいましたが、一歩引いた目で見たときにそういうふうには思いましたね。もちろん、自分自身もそうです。