NEWS

2015.06.04

【NEWS】2015.6.4 登板後 囲み取材




記者:ナイスピッチングでした!

田中:ありがとうございます。




記者:これぞプロというピッチングでしたね。

田中:すみません、今までアマチュアで(笑)。今日はすごく良かったですが、次はどうなるかわからないので、良かったところはまた次につなげていきたいなと思います。




記者:いい時こそ話しにくいですよね。

田中:守備にも助けられた部分はたくさんありましたし、フローレンスが刺してくれたというのも大きかったです。ディディも軽快にさばいてくれてリズムに乗れたところもあったので。そこで一本抜けていたりホームでアウトにしてもらえていなかったら、どうなっていたかというのは分からないですしね。




記者:ご自身の中で一番良かった点は?

田中:すべての球種が良かったと思いますし、バランスよくすべての球を投げることができました。それが相手に的を絞らせなかったのかなと思います。




記者:3回だけ打たれてしまいました。

田中:自分でも思うところはあって、試合中でも自分の中で整理ができました。引きずらずに立ち直って投げることができたので、そこは良かったと思います。




記者:久々のメジャーのマウンドでした。

田中:特別な緊張感もなく、チームも昨日、一昨日と勝っていたので、何とか今日も勝ってニューヨークへ帰るぞという気持ちでいました。




記者:マウンドに立った時の心境はいかがでしたか?

田中:去年のイメージもあったので、景色がいいなという感じがありました。気持ち的には投球練習の時にマウンドに立ってグッと来たので、行けるかなというものがありましたね。




記者:仕事場に帰ってきたという思いですか?

田中:やはりマウンドに立ち続けることが大事ですし、今日が良かっただけではしょうがないと思うので、また次という感じです。