NEWS

2015.06.28

【NEWS】2015.6.28 登板後 囲み...



記者:今日の登板を振り返っていただけますか?

田中:そうですね。やっぱり練習で修正してきた部分が、この試合に繋げられなかったなと思います。でも難しい部分があるので、我慢して修正を続けて、良い方向に向くようにこれからもやっていきたいと思います。


記者:解決の糸口は?

田中:今日の試合の中でも、「こうかな、ああかな」という感じで投げていたんですけど、しっくりはこなかったですね。


記者:それは前から言っている「ズレ」ですか?

田中:ズレですね。本当に。うまく自分の中で投げられていないという部分があります。今はそういう時なのかなと自分でしっかりと受け止めます。



記者:身体は大丈夫ですか?

田中:いくら僕がここで言っても、しょうがないと思います。これは良いピッチングを続けていくしかないと思っています。




2015.06.27

【NEWS】2015.6.27 登板前 囲み...




記者:登板間の準備はうまく進みましたか?

田中:やりたいことはやれていますね。いつも言うように、それを試合で出せなければ意味がないと思うので、マウンドでその成果を出せるように投げたいですね。




記者:アストロズは25日現在、チーム本塁打数が両リーグ断トツトップの107本の重量打線です。印象はいかがですか?

田中:若い選手がそろっていますし、勢いのあるチームだという印象ですね。僕もその打線を相手にするので、こっちも相手に向かっていきたいなと思っています。




記者:その一方、三振数は両リーグワーストとなっています。

田中:初めての対戦なので、投げながらになると思います。自分のピッチングをして、相手の出方を見て、慎重になりすぎずにしっかりと攻めていければいいと思います。