NEWS

2015.05.30

【NEWS】2015.5.30 囲み取材




記者:63日(日本時間4日)のシアトルでのマリナーズ戦での登板が決まりました。ご自身の中では予定通りですか?

田中:監督に「どうだ?」と言われたので、「いけます」となりました。その試合を任されるということなので、もちろんチームの勝ちにつながる投球をしたいと思います。


記者:80球から85球ぐらいが目途になると監督は言っていました。球数の制限がつくという登板についてはいかがでしょう?

田中:球数を意識して投げても良いことはないと思います。その時、その時で球数を使わないといけないことももちろんありますし、まず自分がマウンド立っているときにゼロにしっかりと抑えること。1点でも少なく抑えることが大事だと思います。


記者:去年2ヶ月間休んだ時にその2ヶ月間を有効に使いたいと言っていましたが、今回の1ヶ月間はどんな感じでしたか?

田中:もちろんいろいろと自分の中で考えることはありましたし。でも、結果が良ければいいように言われるだろうし、悪いとそうに言われるでしょう。そこは自分にとっては結果を残していくしかコントロールができないと思うので、その辺に関して自分のできることをマウンドでやっていくだけです。