NEWS

2015.05.26

【NEWS】2015.5.26 登板前 囲み取材




記者:次は2度目の登板となりますが、大事にしたいことは何ですか?

田中:そうですね。前回はしっかりと投げられたと言っても、1回目にしては、というところなので、前回よりも投球内容を求めていきたいですし、制球面でもしっかりと投げ分けができればいいなと思っています。




記者:65球が目安になると聞いています。その65球の考え方としては、イニングをなるべく稼ぎたいのか、それともシチュエーションに応じた各球種の確認をしたいのか、どちらになりますか?

田中:リハビリという考えは自分の中では全然ないですね。試合の先発マウンドに立つという、シーズンと同じ気持ちでと思っているので。その中で自分のピッチングを臨機応変にやっていければと思っているので、イニング数とかいろいろありますが、決められた球数の中でしっかりと投げたいと思います。




記者:デーゲームで普段よりも1時間早いなどいろいろありますが、せっかく向こう(ポウタケット)まで行って投げるわけなので、いいリハビリにしたいですよね。

田中:そうですね。収穫あるものにしたいと思っているので、しっかりとやっていければと思います。