NEWS

2015.04.20

【NEWS】Rays戦 登板後会見




記者:今日の内容を振り返っていただけますか?

田中:全体的に良かったと思いますし、真っ直ぐ中心でアグレッシブにいけたと思います。




記者:どの辺りで手応えを感じましたか?

田中:初回で良いものは感じていたので、上手く投げられたかなと思います。




記者:初回、先頭打者にスプリットを打たれたことで、何か変化はありましたか?

田中:いや、そういうわけではないですね。自分の中でも今日は真っ直ぐである程度はいけるというのはありました。あの場面はスプリットでしたが、バッターも低目を上手く当てましたよね。ゴロでしたし、飛んだコースも関係していると思います。それにバッターが振りに来ているということは、悪いボールじゃないんだなって思いました。だからプラスに考えましたね。




記者:三振も8つ奪いました。

田中:追い込んだら三振というものは狙いました。でも点を取ってもらった後に先頭打者をツーベースで出してしまったので、絶対ゼロで切り抜けるんだっていう気持ちで投げました。




記者:カーブも多かったという印象でした。

田中:もちろん相手によって攻め方も変わりますので、結果的にそうなったと思います。




記者:真っ直ぐも良かったですね。

田中:そうですね。今日はいい手応えでした。




記者:投球フォームは自分のイメージに近づいてきましたか?

田中:今日は良かったと思います。




記者:これで今シーズン2勝目です。

田中:良いピッチングができたのは良かったですけど、また次も同じようなピッチングができるように、また準備したいと思います。